ホーム > 診療案内 > 皮膚科遺伝相談外来
診療案内

皮膚科遺伝相談外来:担当医 清水宏 教授

皮膚科遺伝相談外来は、遺伝に関係するすべての皮膚疾患を対象にした専門外来で、清水教授が毎週水曜日の午後に担当しています。
清水教授は、1990年に前任地である慶応大学病院に日本で初めて皮膚科遺伝相談外来を開設しました。1999年に北大に移ってからも、北大病院に遺伝相談外来を新設し、現在に至っております。
清水教授の専門である表皮水疱症や魚鱗癬を中心に、市中病院やクリニックでは対応困難な疾患について、多数の患者さんを診察してきました。最近当科に表皮水疱症外来(藤田先生、新熊先生、夏賀先生)や魚鱗癬掌蹠角化症外来(乃村先生)ができてからも、これまでの豊富な経験に基づき、常に的確な助言をして、北大皮膚科が遺伝性皮膚疾患の最後の砦となるべく、リーダーシップを発揮しております。
遺伝性皮膚疾患でお困りの症例があれば、皮膚科遺伝相談外来でしっかりと対応いたしますので、今後とも患者様のご紹介をよろしくお願いいたします。

診療案内
診療案内トップ
診療案内
外来診療案内

病診連携病院リスト

主な皮膚疾患

外来案内
外来状況
皮膚科遺伝相談外来
乾癬外来
皮膚腫瘍外科外来
レーザー外来
自己免疫性水疱症外来
表皮水疱症外来
魚鱗癬掌蹠角化症外来
病棟案内
病棟状況
アトピー性皮膚炎の
教育入院
手術状況
皮膚外科について
皮膚癌
手術状況
代表的な手術

ページトップへ戻る↑