ホーム > 教室紹介トップ > 教授あいさつ
教室紹介

教授あいさつ

北大皮膚科 教授 氏家 英之

2021年1月に北海道大学大学院医学研究院皮膚科学教室教授に就任いたしました。志賀亮先生、岩下健三先生、三浦祐晶先生、大河原章先生、清水宏先生に次ぐ第六代教授となります。当教室は開講以来、90年以上にわたって世界の皮膚科学の発展をリードし、地域医療の充実に貢献してきました。この歴史と伝統を継承するとともに、これからの時代の変化に柔軟に対応し、新しい皮膚科学を切り拓いていくために全力を尽くす所存です。
当教室のコンセプトは「皮膚科学を楽しみ、医学の発展に貢献する」ことです。皮膚科学は皮膚や粘膜、爪、毛髪など身体の表面に出現した病変を診断し治療する学問ですが、そこには皮疹を見た目で診断する技術のみならず、皮疹から全身疾患を見出す知識や、皮膚病変を切除する外科的手技、病変部で生じている変化を読み解く病理学、そして疾患の背後に潜む発症メカニズムの解明といった「無限のサイエンス」が広がっています。教室員にはまずしっかりと皮膚科学の基本を習得してもらい、その上で自分の得意分野を作り、それをとことん追求していって欲しいと願っています。そのために必要な教育システムの構築に全力で取り組んでいきます。教室員全員が皮膚科学を楽しみながら臨床や研究の第一線で活躍できる教室を作ることが目標です。そしてこれらの取り組みが「患者さんに最良の医療を提供する」という医療者としての責務や、「よい教育を学生、研修医、大学院生に提供する」という大学としての責務を果たすことに直結すると信じています。
北海道大学の基本理念である「フロンティア精神」を持って敢然と新しい道を切り拓いていく皮膚科学教室を、夢を求める皆さんとともに作っていくことを楽しみにしています。
Be ambitious!

 

教授略歴
1996年3月 北海道立旭川東高等学校 卒業
2002年3月 北海道大学医学部 卒業
2002年5月 北海道大学医学部附属病院 研修医(皮膚科)
2005年4月 北海道がんセンター 皮膚科レジデント
2006年4月 北海道大学大学院医学研究科 入学
2010年3月 北海道大学大学院医学研究科 修了 医学博士
2010年4月 北海道大学病院皮膚科 助教
2012年9月 米国国立衛生研究所(NIH) NIAID Dr. Ethan Shevach Lab. Visiting fellow
2014年9月 北海道大学病院皮膚科 助教
2016年9月 北海道大学病院皮膚科 講師
2021年1月 北海道大学大学院医学研究院皮膚科学教室 教授

専門分野
皮膚科全般、自己免疫性水疱症、アトピー性皮膚炎、皮膚免疫、制御性T細胞

所属学会
日本皮膚科学会(認定専門医、代議員)
日本研究皮膚科学会(評議員、若手理事:2015〜2018)
日本臨床皮膚科医会
日本免疫学会
日本アレルギー学会
日本皮膚免疫アレルギー学会
Society for Investigative Dermatology
European Society for Dermatological Research

教室紹介
教室紹介トップ
教室紹介
教授あいさつ
教室の構成
教員紹介
関連病院リスト
海外学会参加報告
レクリエーション
就任10周年の挨拶
海外からのメッセージ
甲子会員からのメッセージ
10年間を振り返って

ページトップへ戻る↑