ホーム > 教室紹介トップ > 教授あいさつ
教室紹介

教授あいさつ(2019年 教室年報より)

北大皮膚科 教授 清水 宏

清水教授

平成11年10月、私は44歳で御縁あって北大皮膚科教授として赴任しました。今年で教授職20周年になります。平成は4月に終わりとなり、この年報が発行される頃には新しい元号のもとに働くことを楽しみにしています。

皮膚科教授となって20年がたち、北大の助教以上のスタッフの面々もがらりと変わりました。かつての教室スタッフのうち5人は他大学の教授として活躍中であり、現在の教室スタッフは、西江准教授以下、全員私が赴任してから勧誘して入局してもらった人ばかりとなりました。現在、6つの研究グループがあり、西江、氏家、乃村、夏賀、岩田、柳の各スタッフが研究室チーフとして活躍しています。彼らはいずれも2年以上の留学経験があり、グローバルな広い視野を持ち、各自のオリジナリティーの高い研究で国際的にも高い評価を受けている、頼もしい人材です。また、さらに嬉しいことは、このようなアクティブな北大皮膚科を知って、やる気のある若い人たちが毎年入局してくれることです。

医学をめぐる環境は毎年様々に変化し続けていますが、常に北大皮膚科は20年間ぶれない目標・基本方針を堅持します。それは臨床、教育、研究を通して、若い、新しい人を世界に通じるような優秀な皮膚科医に育て上げること、またその過程の中で北大皮膚科が皮膚科サイエンスの進歩に国際的に貢献していくことです。

2019年も北大皮膚科は走り続けます。どうぞ皆様、温かい御支援を宜しくお願いします。

2019年 教室年報(甲子会だより42号)より『教授挨拶』をダウンロード( 全1ページ:556KB)

教室紹介
教室紹介トップ
教室紹介
教授あいさつ
教室の構成
教員紹介
関連病院リスト
海外学会参加報告
レクリエーション
就任10周年の挨拶
海外からのメッセージ
甲子会員からのメッセージ
10年間を振り返って

ページトップへ戻る↑