ホーム > 研究紹介 > 西江チーム
研究紹介

西江チーム チームリーダー:西江 渉 准教授

皮膚基底膜タンパクの生理機能と関連疾患の病態解明に取りくんでいます。タンパクの機能解析から培養細胞やマウスのゲノム編集など内容は多岐に及びます。全国の医療機関から御依頼頂く“全長BP180 ELISA法”も、当研究室で解析しております。
2018年は、大学院生の眞井洋輔先生、テクニシャンの池下奈美さんが加わり、医学部の学生さん(5年生2名、6年生1名)の手も借りつつ楽しい一年を過ごしました。2019年は大学院生として眞井翔子先生が加わる予定です。 ちなみに博士課程を卒業された豊永愛恋先生と泉健太郎先生は、それぞれ海外に在留・留学中です。

 

2019年 教室年報(甲子会だより42号)より『西江チーム』をダウンロード( 全2ページ:1.13MB)

 

西江チーム


研究紹介
研究紹介トップ
研究の総括
研究の総括
研究室紹介
西江チーム
氏家チーム
岩田チーム
夏賀チーム
藤田チーム
乃村チーム
柳チーム
留学だより
北大皮膚科研究発表会
教室業績
最近の主な論文30編
2000年以降の英語論文業績
私の学位主論文
清水 宏 教授
西江 渉 准教授
氏家英之 講師
乃村俊史 講師
藤田靖幸 講師
夏賀 健 講師
秦 洋郎 診療講師
岩田浩明 診療講師
柳 輝希 助教
教室スタッフの主な英語論文業績
清水 宏 教授
西江 渉 准教授
氏家英之 講師
乃村俊史 講師
藤田靖幸 講師
夏賀 健 講師
秦 洋郎 診療講師
岩田浩明 診療講師
柳 輝希 助教

ページトップへ戻る↑