ホーム > 研究紹介 > 第1研究室
研究紹介

アトピー性皮膚炎の発症因子、フィラグリン遺伝子変異

秋山研究室では、2006年から日本人尋常性魚鱗癬におけるフィラグリン遺伝子変異の網羅的同定を行い(Nomura et al., J Allergy Clin Immunol 2007, 他、英文論文4編)、欧米人とは全く異なる、日本人に固有のフィラグリン遺伝子変異のスペクトラムを明らかにしました。このデータを用いて2009年、日本人アトピー性皮膚炎患者の27%でフィラグリン遺伝子変異が発症因子となっていることを解明しました。フィラグリン遺伝子変異は、アトピー皮膚炎だけでなく、アレルギー性鼻炎や喘息の重要な発症因子です。

現在、当研究室では、全国的に大規模なフィラグリン遺伝子変異のスクリーニングを含む、アトピー性皮膚炎の疫学的研究を行っています。この全国調査により、全アトピー性皮膚炎患者の4人に1人以上である、フィラグリン遺伝子変異を病因として持つ日本人アトピー性皮膚炎患者の全貌を明らかにすることができます。

さらに、私たちは、アトピー性皮膚炎のフィラグリン変異検索に基づくテーラーメイド医療を提案しています。フィラグリン遺伝子変異を有する小児に対して、ダニや花粉等のアレルゲンへの暴露を減らし、積極的に保湿剤などの皮膚バリア機能を補う外用を行い、アトピー性皮膚炎の発症を予防することも可能でしょう。

図01

 

<主要文献>

1) Akiyama M. FLG mutations in ichthyosis vulgaris and atopic eczema; spectrum of mutations and population genetics.
Br J Dermatol (in press) (Review article)

2) Nemoto-Hasebe I, Akiyama M., Nomura T, Sandilands A, McLean WHI, Shimizu H. FLG mutation p.Lys4021X in the C-terminal imperfect filaggrin repeat in Japanese atopic eczema patients.
Br J Dermatol (in press)

3) Hsu C-K, Akiyama M., Nemoto-Hasebe I, Nomura T, Sandilands A, Chao S-C, Lee JY-Y, Sheu H-M, McLean WHI, Shimizu H. Analysis of Taiwanese ichthyosis vulgaris familiesfurther demonstratesdifferences in FLG mutations between European and Asian populations.
Br J Dermatol 161: 448-451, 2009.

4) Nomura T, Akiyama M., Sandilands A, Nemoto-Hasebe I, Sakai K, Nagasaki A, Palmer CNA, Smith FJD, McLean WHI, Shimizu H. Prevalent and rare mutations in the gene encoding filaggrin in Japanese patients with ichthyosis vulgaris and atopic dermatitis.
J Invest Dermatol 129: 1302-1305, 2009.

5) Nemoto-Hasebe I, Akiyama M., Nomura T, Sandilands A, McLean WHI, Shimizu H. Clinical severity correlates with impaired barrier in filaggrin-related eczema.
J Invest Dermatol 129: 682-689, 2009.

6) Nomura T, Akiyama M., Sandilands A, Nemoto-Hasebe I, Sakai K, Nagasaki A, Ota M, Hata H, Evans AT, Palmer CAN, Shimizu H, McLean WHI. Specific filaggrin mutations cause ichthyosis vulgaris and are significantly associated with atopic dermatitis in Japan.
J Invest Dermatol 128:1436-1441, 2008.

7) Nomura T, Sandilands A, Akiyama M., Sakai K, Ota M, Sugiura H, Yamamoto K, Sato H, Smith FJD, McLean WHI, Shimizu H. Unique mutations in the filaggrin gene in Japanese patients with ichthyosis vulgaris and atopic dermatitis.
J Allergy Clin Immunol 119: 434-440, 2007.
研究紹介
研究紹介トップ
研究の総括
研究の総括
私の一編
研究室紹介
第1研究室
第2研究室
第3研究室
第4研究室
留学だより
北大皮膚科研究発表会
教室業績
最近の主な論文20編
2000年以降の英語論文業績
教室スタッフの主な英語論文業績
清水 宏 教授
阿部理一郎 准教授
青柳 哲 講師
西江 渉 講師
有田 賢 助教
氏家英之 助教
乃村俊史 助教
藤田靖幸 助教
新熊 悟 助教

ページトップへ戻る↑