ホーム > 研究紹介 > 岩田チーム
研究紹介

岩田チーム チームリーダー:岩田浩明 診療講師

大学院生・鎌口真由美先生が2019年3月で大学院生活が終了しました。歯学部から皮膚科に研究生活に来られて、実質3年間に研究と並行して英語筆頭論文9編を書き上げました。さらに研究生活を続けたいということで卒業後には留学に出るということで、さらなる活躍が間違いないことと思います。僕自身にとっても、いい刺激になり自分自身の研究継続意欲を新たに決意させてくれる先生でした。 そして、2018年は新しい大学院生・今福恵輔先生が一緒に研究を始めました。彼とは今までの研究を踏まえながらも新たな分野への挑戦を一緒にしていこうと決意を新たにしています。まだ始めたばかりではありますが、新たなことを始めるとすべての結果が新鮮で、毎日見せてくれる結果にわくわくしながら一緒に将来像を考えています。

僕は主に類天疱瘡の水疱メカニズムを培養細胞を用いて研究していますが、思い描く全体像がかなり明確になってきました。岐阜大学のころから継続してきた研究が、一つのストーリーとして水疱形成機序を説明できることを目指して頑張っていきたいと思います。

 

2019年 教室年報(甲子会だより42号)より『岩田チーム』をダウンロード( 全2ページ:1.20MB)

 

岩田チーム
研究紹介
研究紹介トップ
研究の総括
研究の総括
研究室紹介
西江チーム
氏家チーム
岩田チーム
夏賀チーム
藤田チーム
乃村チーム
柳チーム
留学だより
北大皮膚科研究発表会
教室業績
最近の主な論文30編
2000年以降の英語論文業績
私の学位主論文
清水 宏 教授
西江 渉 准教授
氏家英之 講師
乃村俊史 講師
藤田靖幸 講師
夏賀 健 講師
秦 洋郎 診療講師
岩田浩明 診療講師
柳 輝希 助教
教室スタッフの主な英語論文業績
清水 宏 教授
西江 渉 准教授
氏家英之 講師
乃村俊史 講師
藤田靖幸 講師
夏賀 健 講師
秦 洋郎 診療講師
岩田浩明 診療講師
柳 輝希 助教

ページトップへ戻る↑