ホーム > 研究紹介 > 留学だより
研究紹介

留学だより
泉 健太郎 (ドイツ/リューベック大学)

 

2017年10月からドイツ・リューベック大学に留学し、自己免疫性水疱症における補体を介した炎症調節機構についての解析を行っております。

現在はROS release assay やCryosection assay などin vitro の実験手技の習得に勤しんでおりますが、今後マウスを用いたin vivo の実験へと徐々に移行していく予定です。 こちらで動物実験を行うためには、計20時間に渡るe-Learning を修了後、3日間に渡り開催さ れる動物実験基礎講習を受講し、さらに最終日の筆記試験に合格しなくてはなりません。先日、ベルリンで講習を受講した結果、なんとか無事にテストに合格・認証を受けることができたため、ほっと胸をなでおろしているところであります。

研究はもちろんのこと、海外留学は私にとって非常に貴重な経験であり、このような機会を与えていただきました清水 宏教授をはじめ、大学院や留学準備に際してご指導を賜りました西江 渉准教授、北大皮膚科の先生方や秘書の皆様、実験助手の方々、そして甲子会会員の先生方に深く御礼申し上げますとともに、帰国までに一つでも多くのことを吸収できればと思います。

2018年 教室年報(甲子会だより41号)より『留学だより』をダウンロード( 全1ページ:1.15MB)

研究紹介
研究紹介トップ
研究の総括
研究の総括
研究室紹介
西江チーム
氏家チーム
岩田チーム
夏賀チーム
藤田チーム
乃村チーム
柳チーム
留学だより
北大皮膚科研究発表会
教室業績
最近の主な論文30編
2000年以降の英語論文業績
私の学位主論文
清水 宏 教授
西江 渉 准教授
氏家英之 講師
乃村俊史 講師
藤田靖幸 講師
夏賀 健 講師
秦 洋郎 診療講師
岩田浩明 診療講師
柳 輝希 助教
教室スタッフの主な英語論文業績
清水 宏 教授
西江 渉 准教授
氏家英之 講師
乃村俊史 講師
藤田靖幸 講師
夏賀 健 講師
秦 洋郎 診療講師
岩田浩明 診療講師
柳 輝希 助教

ページトップへ戻る↑