ホーム > 皮膚病治療情報・皮膚科教科書なら新しい皮膚科学 > 紅斑・紅皮症

皮膚病治療情報・皮膚科教科書
あたらしい皮膚科学

紅斑・紅皮症

紅斑は真皮での血管拡張、充血により生じる紅色の斑であり、
ガラス板による圧迫で色調が消退するものと定義される。
皮膚病治療情報・皮膚科教科書ならあたらしい皮膚科学


ページトップへ戻る↑