ホーム > 皮膚病治療情報・皮膚科教科書なら新しい皮膚科学 > 色素異常症

皮膚病治療情報・皮膚科教科書
あたらしい皮膚科学

色素異常症

皮膚色を決定する代表的な因子はメラニン、カロチン、ヘモグロビンである。なかでもメラニンによる影響が大きく、人種差による皮膚色の違いはメラニンの種類と量の差による。
皮膚病治療情報・皮膚科教科書ならあたらしい皮膚科学


ページトップへ戻る↑