ホーム > 教室紹介トップ > 清水教授就任10周年記念
教室紹介

清水教授就任10周年の挨拶
清水 宏教授、挨拶 (教室年報 清水宏教授就任10周年記念号より)

北大に赴任してから早くも10周年を迎えました。早くもあり、長くも感じられた10年間でした。 本号は、教室に関わってくれたあらゆる方の10年間の記録です。本号を教授就任10周年記念号としていただいたことを感謝するとともに、編集を通じてこれまでの教室の歩みを振り返りながら、10年後の北大皮膚科の将来に想いを馳せています。

10年前の教授就任の挨拶で「世界で5本の指に入るような皮膚科教室を皆さんと共に作っていきたいと思う」と決意表明しました。これは自分自身に対するチャレンジの言葉でもあり、とにかく自分が先頭に立ち、頑張って教室をリードしなければ、と意気込んでいたのをよく覚えています。

研究面では皮膚科大学院の充実、全員が英語論文執筆、臨床面では皮膚外科手術、レーザー治療の充実、入院治療体制の強化、教育面では日本語版、英語版での皮膚科教科書の執筆ならびに教室ホームページでの無料公開、皮膚科研修医プログラム、等々、絶えず目標をたててひとつずつ実現させてきました。

徐々に教室業績は上昇し、その結果として4名の教室員が他大学の教授に昇進しました。教室スタッフは各自が業績を積み上げ、自分で研究費を取得し、今では誰もが私以上に働いています。実験助手11名、研究員3名、秘書7名と、パラメディカルスタッフも増え、皆の協力があってこそ稼働する教室運営となりました。

10年たった今、実感することは、教室を構成する一人一人に支えられながら、着実に教室がレベルアップしている現実です。教室員、コメディカルの方々はもちろんのこと、教室を応援し続けてくださってきた甲子会の先生方にはひたすら感謝の気持ちでいっぱいです。今後の10年間も私の基本方針は同じです。入局した若い人たちの長所を200%伸ばすことができる環境を常に保ち、学究的雰囲気にあふれ、かつ常に明るい、国際的な教室であり続けたいと思っています。

教室紹介
教室紹介トップ
教室紹介
教授あいさつ
教室の構成
教員紹介
関連病院リスト
海外学会参加報告
レクリエーション
就任10周年の挨拶
海外からのメッセージ
甲子会員からのメッセージ
10年間を振り返って

ページトップへ戻る↑