ホーム > 教育概要 > 研修医プログラム
教育概要

あたらしい皮膚科学 輪読会

初期研修医と後期研修医ならびに、6年生長期実習選択者(希望者)が参加して毎月2回程度、月曜日の夕方に「あたらしい皮膚科学 第2版」の輪読会を開催しています。昨年度から開始され、今年度は10人程の参加者で行っています。毎回、担当の先生が教科書1章分をまとめてスライド形式で発表していただきます。発表後には該当範囲の教科書に記載された内容からテストを行っています。清水教授の教育理念である「教室員全員が一流の皮膚科医になる」ための教育システムの1つです。


またこの輪読会をとおして、「あたらしい皮膚科学」という教科書がより良いものになっていきます。参加者には、教科書を読んで分かりづらい点、追加すべき疾患、誤字などを積極的に指摘してもらうようにしています。長期実習の医学部6年生から「ダーモスコピーの範囲が教科書を読むだけでは理解できない」という指摘を受けました。第3版では理解しやすい内容に改編されることが期待されています。モチベーションを保ちやすいように、優秀な発表者および各回の試験の最高得点者は表彰しています。

輪読会は、北大皮膚科研修医に限らず参加を歓迎しています。ご希望の方は、医局長 氏家 英之 までご連絡ください:


TEL:011-706-7387(皮膚科医局直通)
E-mail:hokudaihifuka@med.hokudai.ac.jp

2015年 教室年報(甲子会だより38号)より『あたらしい皮膚科学輪読会』をダウンロード( 全1ページ:182KB)

教育概要
教育概要トップ
学生教育
皮膚科講義
皮膚科臨床実習
皮膚科研修医教育
皮膚科研修医プログラム
あたらしい皮膚科学輪読会
皮膚科研修医教育
皮膚病理ティーチング
新人研修
皮膚科研修医教育
講演会一覧
皮膚科研修医教育
カンファレンス・特別講演予定表

ページトップへ戻る↑