ホーム > 研究紹介 > 研究の総括
研究紹介

2015年度 研究の総括: 清水 宏 教授

2015年の北大皮膚科研究室にとって、最も大きな出来事は阿部准教授が新潟大学皮膚科教授に転出したことです。毎度のことではありますが、研究室の大黒柱の准教授が抜けた穴は大きく、研究体制もおのずと変わりました。本音は苦しいですが、阿部先生の昇進により、若い人たちに新たなチャンスも生まれ、西江先生が准教授に、藤田先生が講師に昇進しました。

 

振り返ると私が教授に就任し、研究体制を立ち上げるため、澤村先生、秋山先生を招へいした当時の研究チームのリーダーは澤村助教授(現弘前大学教授)、秋山講師(現名古屋大学教授)、清水忠道講師(現富山大学教授)、の3名だけで、研究室の名称も単純に第1,2,3研究室と番号をつけるだけで良い状態でした。しかし、長年の地道な努力の積み重ねにより、現在、助教以上のスタッフはほぼ留学経験があり、自ら研究チームを指導できる状況になりました。そこで本年度から研究室のチーフの名前で研究グループを呼ぶ体制に変更しました(西江、藤田,氏家、乃村、秦・柳、岩田、夏賀、新熊チーム)。それぞれのチームに大学院生と実験助手を配置しています。各研究チームごとに、Big paperに投稿できるような大きなプロジェクトにも取り組んでいます。Big paperは1年間で完了し投稿できるものではなく、腰を据えた研究によって、数年後の結果が期待されます。

 

教室員の皮膚科臨床レベルを高めることを目的として、若い人には英文症例報告を書けるくらいとことん勉強してもらっています。英文症例報告の指導も、研究室リーダーの大事な役割です。今年も新体制の研究室の成果にご期待ください。

2016年 教室年報(甲子会だより39号)より『研究の総括』をダウンロード( 全1ページ:860KB)

3階研究室の様子
(医学部南研究棟3階)

7階研究室の様子
(医歯学総合研究棟7階)

 

研究紹介
研究紹介トップ
研究の総括
研究の総括
研究室紹介
西江チーム
氏家チーム
岩田チーム
夏賀チーム
藤田チーム
乃村チーム
柳チーム
留学だより
北大皮膚科研究発表会
教室業績
最近の主な論文30編
2000年以降の英語論文業績
私の1編
清水 宏 教授
西江 渉 准教授
氏家英之 講師
乃村俊史 講師
藤田靖幸 講師
夏賀 健 講師
秦 洋郎 診療講師
岩田浩明 診療講師
柳 輝希 助教
教室スタッフの主な英語論文業績
清水 宏 教授
西江 渉 准教授
氏家英之 講師
乃村俊史 講師
藤田靖幸 講師
夏賀 健 講師
秦 洋郎 診療講師
岩田浩明 診療講師
柳 輝希 助教

ページトップへ戻る↑